くるくるちゃいな

二胡大好き!中国大好き! あいあいの日記です。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いよいよ見学の日。
わくわくしつつも「しっかり、教室の雰囲気や教え方を見て吟味するぞ!!」と鼻息荒く教室の門をたたきました。
「たのもー!!」いや、もとい・・・
「見学に来ました。あいあいです(^◇^)」

最初に事務のお姉さんから、レッスンの内容や授業料などの話を聞きました。
授業料は予算いないでまずは安心。
レッスンはグループ形式で、同じ時間のレッスンでも、生徒さんによってそれぞれ進度が違うので、違う曲を習っているとのこと。
楽器経験の全くない私は、他の人の足を引っ張らなくていいし、比べなくていいので、この形態は気に入りました。

そしていよいよレッスンの見学へ。
老師は中国人の男性。(うううぅっ、少し恐そうじゃん)
老師は生徒さんのいる部屋を回りながら教えています。
私も老師の後をついて行って、レッスンの様子を見て回りました。

その後「二胡を少し拉きマスカ?」と言われ、どきどきしながら触ってみることに。
これが・・・なぜか初めてなのにそれほどヒドイ音ではなく、(まあいい音でもないけど)自分でも「おぅ?やるやん!!」とびっくりしました。
老師にも「初めてでも上手です。あなた頭いい」と言われすっかりその気に。
さっき恐そうと思った老師も結構優しそうだし(ほめてくれたし)、私もなんだか才能ありそうだし。
と、すっかり舞い上がり、「来週から来ます」とその場で契約して帰ってきました。

その後、老師は見学の時が一番優しかった・・・と判明。
そして、私の二胡の才能は、奇跡的なまぐれだったようで・・・次の週に初めてレッスンで開放弦を習ったときは、それはそれはおっとろしい音になっておりました。
ある意味ビギナーズラックだったのか????

ま、こんな感じで私の二胡デイズは始まりましたとさ。
スポンサーサイト

テーマ:二胡 - ジャンル:音楽
コメント

訪問ありがとうございます!二胡いいですねえ!!素敵!
頑張って練習してください。チェンミンさんの二胡も聞いてみたいなって思いました。
2005/11/12(土) 07:22:09 | |kiyona #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://daxiongmao.blog35.fc2.com/tb.php/4-743547ed
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。