くるくるちゃいな

二胡大好き!中国大好き! あいあいの日記です。


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

電話の仕事をしていると、時々お客様からきつーい一言をいただくことがあります。
受電を始めた頃は、「(T△T) アウアウ~」と半泣きになることもありましたが、だんだんそんなことにも慣れっこに。
なだめる方法もだんだん身についてくるんですね。

今日もオペレーターさんから「・・・はい、申し訳ありません」謝罪モードの声が聞こえたので、電話の様子を聞いてみることに。
推定年齢55歳くらいの男性のお客様が、かなり興奮のご様子。
内容をよく聞いてみると、どうやら他部署のご案内のよう。
ころあいを見計らって、ご意見を受付しているセンターの番号を
案内するように言おうかと思ってたところに、
「お前んとこなんかつぶれてしまえ~っ!!」という怒鳴り声が。
ひゃあ・・・、受電しているのが新人さんだからびびっちゃうだろうと思いきや、
「さようでございますね」って・・・
え・・・ええのか?つぶれて?
お客様も「え?( ̄□ ̄;)」と固まってました。
まあ、なんだかその後妙に落ち着いたので、結果オーライなのですが。
電話を切った後でオペレーターさんに聞いてみると、怖かったのでとにかく「はい、はい」って言っておこうと思ったそうですわ。

興奮気味のお客様だと、とりあえずお話を聞いて、落ち着いたときに対応策などをお話しすることもあります。
「おしゃることはよくわかります」と同調することもしばしばなのですが・・・
会社がつぶれてしまったら、私めっちゃ困りまっせ。

スポンサーサイト

テーマ:職場でのできごと - ジャンル:就職・お仕事
仕事の話。

今日、オペレーターさんの通話を離れたところで聞いていました。

「・・・そうですか、ちょっと家族に聞いてみないとわからないですね。
じゃあ、家に帰って・・・

ワイフに相談してみます。」

( ̄△ ̄;)エッ・・? ワ、ワイフですか・・・
さっきまで普通のおじさんかと思ってましたが、一気にイメージはガウンにブランデーグラスに変わりました。

ちなみにウチは私のことを外で「嫁はん」と呼んでるようですが、
わたしは「つれあい」と呼ばれてみたいです。

テーマ:職場でのできごと - ジャンル:就職・お仕事
ぢつは私、某コールセンターに勤務してます。
最近は現場の管理の仕事が多く、お客様と話す機会は減りました。
が、CTさん(オペレーター)が対応に苦労していると、電話をかわったりします。

今日も一件、かなりエキサイトしている方がいたので、電話を変わることに。
あ:「お待たせいたしました。担当替わりまして、あいあいでこざ・・・」
客:あー!!待ったよおぉーーーーっ!!(爆声)」
あ:「失礼いたしま・・・」
客:「なんで、一通しかこないのおぉぉぉーーーーっ?!」
あ:「失礼ですが、一通と言うのは・・・・」
客:「だあぁーーー!!一通なのおぉぉぉよぉぉぉ!!」

ああ、話が進まない(T_T)

その後苦労して内容を聞き出すと、先日の手続きで手紙が2通届くはずが、一通しか届かないという問い合わせだとやっとたどり着く。

あ:「では、お調べしますので、失礼ですがお客様のお名前を・・・」
客:「名前くらいわかるだろぉぉぉぉーーーー!!」
(いいえ、わかりませんってば・・・)
あ:「お名前をお伺いしないと、調べようもございませんので・・・」
客:「今から仕事行くから、あんたとゆっくりしゃべってる時間ないのよおぉぉぉっ!!」
あ:「では、恐れ入りますが、お名前を・・・」

というようなやり取りがしばらく続き・・・

客:「チックッショー!!(小梅太夫風)」
あ:「(え???)お客様?」
客:「・・・・(無言)」

♪何が出るかな?なにがでるかな?ちゃららちゃんちゃんちゃららら♪
おいおい・・・電話口から離れて「ごきげんよう」見てるよ。
10秒後電話は切れました。

うーん、なんだったんだろう???
小梅太夫はちゃんと仕事に行ったんだろうか?

テーマ:職場でのできごと - ジャンル:就職・お仕事
いきなり中国ネタから脱線だけど・・・

今日は、1時間くらい上司と討論会??あり。
討論の内容はさておき、その中で「気配り」についての話題になりました。

気配りって聞いていつも思い出すのが、中学の頃の塾の先生。
中3の頃に塾の先生の仕事を手伝うことがあって、コピーを頼まれました。
50枚ほどの資料をコピーして、先生の所に持っていくと、
先:「あいあいちゃん。これじゃあかんわ」
私:「えっ?コピー失敗しましたか?」
先:「コピーはできてるけど、コピーしてそのまま渡したら、一番上のページが一番下になってるやろ。ちゃんと順番に並べな」
私:「そういうもんですか?」
先:「せやで。あいあいちゃんが大人になって、仕事するようになったら、こういうところで気が利くかどうかを見られるんやで」
私:「へぇ~」

あれから十数年、なんだか私にはできる女は「コピーを順番に並べ替える」っていう定義ができてしまった。
中学生にそこまで求めるのもどうかと思うけど、先生はいいこと教えてくれたなぁ。
コピーはともかく、他の人が使いやすかったり、作業が楽になることを考えながら仕事をするっていう気持ちはもてるようになったし。
今日ちょっとだけ上司にほめられたので、先生に感謝!

テーマ:職場でのできごと - ジャンル:就職・お仕事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。